【名古屋市】防犯カメラ設置費用助成金

補助金交付決定以後から令和2年3月まで

※補助金交付決定以前に工事に着手したものは補助の対象となりません。

7月31日まで

申請希望について、エントリー票及び前年度の防犯活動実績を区役所地域力推進室へ提出

対象

・学区連絡協議会、町内会等

※ただし、日頃からパトロールなどの防犯活動を行っている団体が対象となります。

なお、補助金の申請希望のあった団体の中から、犯罪情勢(街頭犯罪等の認知件数、犯罪率など)や防犯活動への取組状況等を考慮した上で、補助対象団体を決定します。

補助対象経費

・機器購入費

・工事費

・「防犯カメラ作動中」などの表示板製作費 等

※表示板は、防犯カメラ1台につき10枚まで。

補助率等

・補助率:3分の2以内

・限度額:防犯カメラ1台につき限度額14万円

・上限台数:学区連絡協議会10台、その他の団体5台

※平成25年度以降の当補助金による設置台数の上限は、学区連絡協議会 累計30台、その他の団体 累計15台とします。

対象となる防犯カメラ

設置時期

補助金交付決定以後から令和3年3月まで ※補助金交付決定以前に工事に着手したものは補助の対象となりません。

↓詳しくは下記をご確認ください

名古屋市ホームページ 防犯カメラ設置費補助金制度

最新記事

すべて表示

名古屋市内の中小企業に助成金のお知らせです(11月19日まで)

弊社のサーマルカメラも助成金対象となっております。 「中小企業の新しい生活様式・働き方対応支援補助金」のお知らせ (1) 概要 市内中小企業者に対して、新しい生活様式に対応した事業展開・働き方への対応に必要となる設備・機器等の導入に要した経費の一部を助成します。 (2) 申請期間 令和2年10月20日(火)から令和2年11月19日(木)まで ※申請締切日の消印有効 (3) 補助額 1事業者あたり上

【半田市】防犯カメラ設置費補助金

補助対象 防犯カメラを設置しようとする自治区であり、個人や企業は対象となりません。 補助率・上限額 ・補助対象経費の3分の2以内、上限50万円までを補助します。 ・申請には、同一自治区から年度内1回まで受け付けます。 ・ 防犯カメラの購入台数に制限はありません。 補助対象経費 ・防犯カメラ、録画装置等の購入及び設置工事に係る費用 ・防犯カメラを設置していることを明示する表示板の費用 防犯カメラ等の