【半田市】防犯カメラ設置費補助金

補助対象

防犯カメラを設置しようとする自治区であり、個人や企業は対象となりません。

補助率・上限額

・補助対象経費の3分の2以内、上限50万円までを補助します。

・申請には、同一自治区から年度内1回まで受け付けます。

・ 防犯カメラの購入台数に制限はありません。

補助対象経費

・防犯カメラ、録画装置等の購入及び設置工事に係る費用

・防犯カメラを設置していることを明示する表示板の費用

防犯カメラ等の保守点検、電気代などの維持管理費は補助対象外となります。

補助に係る要件

・犯罪抑止を目的とすること

・特定の場所に継続的(概ね5年以上)に設置すること

・公共空間への設置(道路、公園、広場など) 主に街頭を撮影するために設置すること

・画像を記録する機能を有すること

・本ページ下段に添付された「半田市の自治区による防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン」に適合する設置・運用要領を定めること

・ 防犯カメラの撮影対象区域内の住民等の同意を得ること

↓詳しくは下記をご確認ください

半田市ホームページ 防犯カメラの補助金事業について

最新記事

すべて表示

名古屋市内の中小企業に助成金のお知らせです(11月19日まで)

弊社のサーマルカメラも助成金対象となっております。 「中小企業の新しい生活様式・働き方対応支援補助金」のお知らせ (1) 概要 市内中小企業者に対して、新しい生活様式に対応した事業展開・働き方への対応に必要となる設備・機器等の導入に要した経費の一部を助成します。 (2) 申請期間 令和2年10月20日(火)から令和2年11月19日(木)まで ※申請締切日の消印有効 (3) 補助額 1事業者あたり上

【名古屋市】防犯カメラ設置費用助成金

補助金交付決定以後から令和2年3月まで ※補助金交付決定以前に工事に着手したものは補助の対象となりません。 7月31日まで 申請希望について、エントリー票及び前年度の防犯活動実績を区役所地域力推進室へ提出 対象 ・学区連絡協議会、町内会等 ※ただし、日頃からパトロールなどの防犯活動を行っている団体が対象となります。 なお、補助金の申請希望のあった団体の中から、犯罪情勢(街頭犯罪等の認知件数、犯罪率