1. ホーム
  2. 事業内容
  3. 防犯・セキュリティ

本当の防犯=被害を未然に防ぐこと。
泥棒が「入る気にならない」環境をお作りするのが
トレネッツの「セルフセキュリティシステム」です。

こんな不安、ありませんか?

  • 「今の警備で本当に大丈夫かな?」
  • 「人がいない時の現場が不安」
  • 「そろそろウチも入られるような・・・気持ち悪いな」
  • 「以前にドロボウに入られた」
  • 「高価な物は置いていないけれど」
  • 「家に一人でいる時なんだか怖い」
  • 「外出するとき家が気になる」
  • 「裏口がなんだか不安」

セルフセキュリティシステムとは

「侵入されたらどうするか」よりも「侵入されないためにどうするか」を追求し、犯罪被害からお客様の財産や命を守るシステムです。
泥棒が嫌がる4つのこと「防犯四原則」に基づいてカメラやセンサーなどの防犯機器を適切に配置し、侵入される前に威嚇・撃退することで被害を最小限に抑えます。

泥棒は侵入に時間がかかるのを嫌がります(平均犯行時間は5~10分)。また、外部への早期通報や警察の早期到着を恐れます。

泥棒は顔や姿を見られるのを嫌います。見られていないかを常に気にしています。

泥棒が最も嫌がるのが警報ベルや侵入の際に発生する音です。雨の日に空き巣が多いのはこのためです。

泥棒は明るさを嫌います。緊張の中突然光があたるとひるみます。

セキュリティシステムの設備例

こんなところで活用できます

  • 事務所
  • 工場
  • 店舗
  • 個人宅
  • マンション
スペシャルコンテンツ住まいの防犯.com オンラインショップ